胆道閉鎖症とは、1万人に1人の赤ちゃんがかかる病気です。
うんちの色がうすい黄色、うすいウグイス色、白っぽい色など(母子健康手帳に綴じ込んである便色カードの1~3番に近い色)になるのが大きな特徴です。その他、皮膚や白目の黄疸があり、濃い黄色のおしっこが出てきたら、1日も早く医師にそのことを伝えて、小児外科または小児科を紹介してもらいましょう。
早期発見と早期手術で、よりよい結果が期待されています。